フレームを楽しむ その3

a0231111_1637556.jpg
フレームネタも3回目、先日も生徒さんから
「最近、フレーム作りにハマってますね~」と
見抜かれてしまった~
さて、今回からご紹介場所をレッスン室に移して。
これは何でしょう?
答えはデコモールという木製の棒で、色んなサイズ・デザインがあり、主に壁のモールディングなどに使うもの。
今回はこれをフレームに仕立てます。


a0231111_16494454.jpg
肝心の仕立てる中身(ドキュモンというらしい)は、
Osborne & Little のClarendonというフロッキー加工が施された壁紙。
大きさを決め、台紙をかさねたドキュモンの周りをデコモールで囲みます。
4本のデコモールの角処理はやはり45度が基本、が、木製のため隙間があいたりなかなか思うようにカット出来ず。
その後ペイントしたら目立たなかったので結果オーライということで。




a0231111_17575428.jpg
出来上がったものはというと。。。。。
プレーン過ぎたトイレのドアをちょっとおめかし。女子のみ使用のトイレの為、こんなモチーフです。(注:たまに主人も使用します)
通常フレームを飾る際には、上部で吊るすために傾斜がついて、ドアのような場合は開け閉めの度に動いてしまいがち。さらに横に隙間も開き、すっきりとしません。
今回のフレームは、これ自体とーっても軽いので、両面テープで全面をしっかりと固定して問題点を克服。
もちろん、飽きたら剥がして変えられます。

ちょっとふくよかなご婦人の横顔に、なんとなく安心感を覚えています。
[PR]
# by un-tissu | 2011-10-01 18:41

ゆっくりバスタイム♪

a0231111_22521871.jpg

ついこの間までの暑さが嘘のように過ごしやすいこのごろ。
暑い時は後の暑さを考えると、ゆっくりお風呂に入る気にもなれず、早々と退散。
そのせいか、なんとなく疲れが取れないなぁという気が。(歳のせい?)
ようやく涼しくなったので、ゆっくりとお湯につかり、何も考えずボーッとした至福の時を楽しめそう。
BALS TOKYOで購入した入浴剤はここのところのお気に入り。
シュワーという刺激も無く、シンプルにヒノキのチップを袋に詰めただけの物なのだけれど、お湯に入れると香りがお風呂中に広がって、まさに日本人でよかった~と思える一瞬になります。
なんといってもお値段もお手ごろな上に数回使えて、お財布も心も癒されます。


先日募集いたしました花びらトレイレッスンは、満席となりました。
お申込みありがとうございました。
[PR]
# by un-tissu | 2011-09-28 23:36

花びらトレイ *single lesson*のご案内

a0231111_18283186.jpg

花びら状のトレイにガラスのスタンドを組み合わせた、
オリジナルのトレイのsingle lessonのご案内です。
   日時:10月6日(木)/8日(土)13時~17時

ファブリックは、イギリスより取り寄せたclarke &clarke社製をセレクトしました。
スタンドはずっしりとしたガラスを使用、安定感また透明感もありテーブルを楽しく演出してくれます。
お好きなファブリック(夏色/秋色)とスタンド(ショート/ロング)をお選びいただけます。

詳細はHPをご覧ください
お申し込みは、9月24日(土) 21時よりメールにて。

皆様のご参加をお待ちしております♪
[PR]
# by un-tissu | 2011-09-23 18:38

花びらトレイ *single lesson*

a0231111_13212753.jpg

トレイが好きです。
特にスタンド付きタイプ。陶磁器、ガラス、シルバーなど素材もいろいろあり、見かけるとついつい手が。
チープなお菓子でも絵になりますし、ただ置いて飾っておくだけでも楽しい。

個人的趣味バレバレなのですが、アンティシュでのレッスンカリキュラムにもいくつか取り入れています。
画像は以前のブログに登場したイギリスファブリック‘Clementine‘を使って作ったトレイです。
ガラス製スタンドに夏カラー、秋カラーのファブリック。
それぞれ花びら状の側面の角度とガラススタンドの高さを変えた2タイプです。

突然ですが、お知らせです。
ファブリックに限りがあるため、数量限定でこちらのトレイのシングルレッスンをいたします。
詳細は後日ブログにて。
ご質問などございましたらAtelier PetitpointHPよりメールにてお願いいたします。

なお、アンティシュクラスの生徒の皆様でレッスン希望の方は、別途対応させていただきますのでレッスン時にお声掛けくださいませ。
[PR]
# by un-tissu | 2011-09-18 13:41

フレームを楽しむ その2

a0231111_18384385.jpg

先日のラグビーワールドカップ日本初戦、結果は残念だったけれど競合フランスにホントに頑張ったと思います♪
観ていて熱くなってしまいました!
日本ラグビーも日本サッカーのように強くなって欲しいものです。

さて、画像はずっと後回しにしていた、元ラガーマンならぬ主人からの製作リクエスト。
高校時代、花園出場記念という今となっては輝かしい思い出の品のためのフレーム。
ウールペーパーのような起毛クロスで出来たぺナント?(って、最近見かけませんね~)は、
折りたたみ皺たっぷりのよれよれで、おまけに画鋲の錆あともあって年代物というか、良くいえばビンテージ、決してきれいな状態ではありません。
でもせっかくなので、お籠り書斎に飾りたいとのこと。

ガラスを入れてしまうと 起毛がつぶれ平面的になってしまうと思い、前回のプレートフレームと同じく中を深くして3D風にペナントを浮き出させてみることに。
背紙のマットには、ユニフォームと同じスクールカラーの2色使い。
ペナント自体はしっかりと厚紙で裏打ちし、厚みを出してマットに糊付け。
今回はフレームも製作、数本溝の入ったエンボス処理をして立体的にしています。

少しは、見栄え良くなったかな。
[PR]
# by un-tissu | 2011-09-12 19:30