ボルスタークッションでソファーも秋スタイルに

昨年の引っ越しの際に、思いきって(ホントに!)リビングのソファー&テーブルを買い替えました。
本当はずーっと前から憧れていた、ボルスタークッション付きのPirre Frey’Porthos’にしたかったのだけれど、なにせお高い!!!
その上、なんと、日本には実物がありません。
肝心の座り心地を試せないままオーダーするという、とんでもない勇気はあるわけも無く。。。。
それにフランスからの運送料も半端でなかった~。(予想はしてましたが)
仮に無事日本に到着したとしても、我が家のリビングは2F。
分解不可能な大きなソファーを階段から上げるのは容易ではなく、
バルコニーからの吊り上げになる可能性大。
長く使うものだしメンテナンスなども考えた結果、Porthosは泣く泣く諦め、
日本に代理店のあるショップからの購入とすることとなりました。
待つこと数カ月、そんな中でやってきたのがCATHERINE MEMMIの ‘Rue de Tournon‘
やはり搬入は吊り上げだったものの、
カッシーナの応対はとても紳士的で安心して我が家に迎えることができました。
シンプルな中にもフェミニンなフォルム、とても気に入っています。
が、例のボルスタークッションがずっと頭の隅に~
ということで、Beautiful Daysさんで作っていただきました♪

今まで使っていた春夏用クッションはシルク素材&柄も甘い感じでしたが、
a0231111_2237143.jpg
a0231111_22382415.jpg

ボルスターはこれからの季節にピッタリのベロア混じりのストライプ。
a0231111_22505753.jpg








コンセプトはベージュ&ブラックなリビングのはずが、派手な色ものです。
我ながら、ブレブレです....小物で差し色ということで。
スローにくるまりながら、ソファーでウトウトしてしまいそう。
とりあえず、パティに占領されないようにしなければ。
[PR]
by un-tissu | 2011-11-04 23:01
<< ペイントでイメージを変える フレームを楽しむ その4 >>