パターン作りのススメ

只今、アンティシュクラスの次の課題を製作中。
a0231111_019258.jpg
画像はパターン作りが終わったところ。それにしても曲線カットが多いなぁ~

複雑な作りや、凝ったデザイン性のものを製作するにあたっていつもすることのひとつに
大まかなサイズを決めたら、まずパターンを起こし立体にして確認をするということ

小さなデザイン画からいきなりカートンカットでは、
頭の中と実物とのサイズの温度差が結構あるものです

平面で確認したはずのサイズも、立体になると思った以上に大きく感じられ、
結局やり直すことにもなりかねません

基本、やり直しが嫌いな性格なため、極力そうならないよう
出来る限りの段取りを考えて作ります
それでも、作り直しは少なくありませんが。。。。

ですので、パターン作りはカートンではなく、お洋服の型紙同様普通の紙で充分
カットも楽ちんなので、気になるところはその都度調整

納得出来れば、それをもとにカートンカットに移ります
この時、気を付けなければいけないのはパターンには厚みがないという事

込み入った組み立てをする場合、
カートンの厚みの計算を忘れるととんでもないことになりますので、
くれぐれもご注意を・・・・

苦労して計算・組み立てたカートンが、
思い描いた形になれば嬉しさも一入です
[PR]
by un-tissu | 2013-02-19 00:25
<< 美味しいパン屋さん @Le P... Just sizeな仕切りBO... >>